綿花栽培

富山市で 無農薬・無化学肥料・無枯葉剤で綿花を育て 紡ぎ 織り。。。

完全富山県産の衣服を仕立てたい!

衣食住 すべて身近なところで育ったもので作るのが 身体に一 番良いです

そして 衣服は『第二の皮膚』 自然素材を身につけていると 通電・放電がしやすく 細胞も喜びます

綿・布の世界は非常にダークです
栽培中に使う農薬の量
布になる行程で使う薬剤の量は とてつもなく多く 
地球に良いことも無く 栽培者・労働者の健康被害も多いです
薬剤使わず育ててみると 分かります
行程はとても多いですが
誰でも育てられるし 誰でも布まで仕上げられます
プランターでも育ちます
各家庭に一本づつ育てるだけで 世界は変えられます
白い綿が吹き出ると とても可愛いですよ


綿花栽培方法

☆プランターは深めのものを。畑で育てるときは、畝を高く。

1. 種まきの前日に、種を水の中で揉み馴染ませ、一日浸しておく。

2. 指の第一関節くらいの深さに植える (アルカリ性の土でよく育つ。畑の場合は、肥料はいりません。)
よく育つ個体は、幅が2m程になります。間隔は広く。

3. 発芽までは、水やりが必要。 5日くらいで芽が出ます。 畑の場合は、発芽後~収穫までは、水やりはほほ不要。 宿敵はアブラムシ! 必殺「テデトール」「テデツブース」で退治です!

4. 10cm程まで育つと地上の生長は一旦とまります。 根っこを頑張って伸ばしています。

5. その後、ぐんぐーんと育ち始めます。 風に弱いので、支柱が必要です。

6. 夏になると、朝、黄色い花が咲き始めます。
なんと!
受粉すると色がピンクに変化していきます。
夕方には薄ピンク。
翌朝には濃ピンク。
花は2日の命です。

7. 後は、数ヶ月かけて実が大きくなり、乾燥が進むと自然に割れ、中から綿が出てきたら、収穫です。

8. 全ての実が収穫できない木もあります。 雪が積もる前に木ごと抜いて乾燥させれば、実の成熟も進み収穫できるものもあります。
クリスマスリースに使ったり、
ポプリに入れたり、
紡いだり、詰め物にしたり。
根の皮は、染物にも使えます(ピンク色)。




▲Sentokoブログ

▲Sentokoオンラインショップ

▲Sentokoフェイスブックページ



〒930-0992 富山県富山市新庄町2-4-10 桑名聖子 tel 090-4321-6093

inserted by FC2 system inserted by FC2 system